FUN勤怠管理Attendance management

働き方改革への対応にはICカードレコーダーが最適です。

従業員の勤怠管理でお困りではないですか?

勤怠管理業務は手作業が多い

毎月月初になると、各拠点から紙タイムカードを集めてPCに入力して就業時間の計算。その結果を給与計算ソフトに反映させる…。
文字で表現すると簡単に聞こえますが、人数が多いと同じ作業を何回も繰り返す必要があり、実際には手作業が多くて大変です。

ICタイムレコーダー導入前は…

紙タイムカードへの打刻と各拠点からの収集が必要
  • 紙のタイムカードに記載されるだけの打刻
  • 月末に各拠点からタイムカードを収集
↓ 次へ
各拠点からのタイムカード収集とソフトへの手入力は大変
  • 各拠点から収集したタイムカードのデータをパソコンに入力
  • 給与ソフトに手作業で入力
  • Excelなど表計算ソフトでの手作業での集計が必要
↓ 次へ
紙タイムカードの原本は一定期間保管する必要がある
  • 処理の終わったタイムカード原本を保管する必要がある(数年分の保管場所が必要)
→導入後は… →導入後は…

ICタイムレコーダー導入後

各拠点をVPNでつなぐことにより、全拠点の勤怠データをリアルタイムに管理する事が可能です。
勤怠管理担当者の作業効率がUPするだけでなく、従業員の残業時間管理やシフト管理もスムーズに行えます。

紙タイムカードへの打刻と各拠点からの収集が必要
  • ICカードでスピーディに打刻し、出退勤時間や残業時間も自動集計
  • 遠隔地の出退勤状況もリアルタイムに確認可能(VPN環境が必要です)
  • 勤務体系の設定を元にシフト管理も容易で、勤務時間も自動計算
  • 安価なパッケージソフトで、月額のランニング費用が不要
  • 各給与パッケージソフト向けのCSVデータの出力が可能で、給与ソフト側でのデータ入力が不要
  • お客様特有の勤怠ルールにも柔軟にカスタマイズが可能(別途費用が必要です)

ICタイムレコーダーの打刻データ管理には『FUN勤怠管理』が最適

『FUN勤怠管理』とは

"FUN勤怠管理"はICタイムレコーダー"PitToouchPro2勤怠パッケージ"の打刻データと、ソフト内で設定したシフト情報を組み合わせて勤怠情報を作成する勤怠管理ソフトです。
勤怠データはCSV出力が可能なので、主要な給与ソフトとの連携も容易で、VPN網を利用すれば遠隔地の打刻データも一括で収集する事も可能。
"FUN勤怠管理"の導入により、勤怠管理担当者の負担を大幅に削減する事が可能です。

『FUN勤怠管理』のさまざまな機能

タイムカード履歴

FUN勤怠管理:タイムカード履歴画面

簡易的に日々の打刻時刻を確認する画面です。全従業員の一覧表示だけでなく部署や従業員ごとに絞り込むことも可能で、どの端末で打刻したのかも確認できます。

打刻確認

FUN勤怠管理:打刻確認画面

打刻時刻の確認・修正する画面で、本人確認用の一覧表印刷やCSV出力が可能です。残業時間のチェックも可能です。

勤怠データ出力

FUN勤怠管理:勤怠データ出力画面

給与ソフトに打刻データを取り込めるように変換して出力します。各種給与ソフト用のフォーマットをご用意しているのでワンタッチで設定可能です。

シフト管理

FUN勤怠管理:シフト管理画面

毎月の勤務シフトを登録する画面です。規定値を呼び出す機能があり、マウスでドラッグする事により一気に変更可能で入力も簡単です。

残業時間確認

FUN勤怠管理:残業時間確認画面

残業時間などを確認する画面です。設定基準を超過した場合は赤色で表示するなど、次月の勤務シフト作成や従業員の指導に活用して頂けます。

有休取得・残日数確認

FUN勤怠管理:有休取得・残日数確認画面

有給休暇の取得日数や残数を確認する画面です。設定により半日/時間有休の残時間確認も可能です。

『FUN勤怠管理』の特徴

"FUN勤怠管理"は、パッケージソフトなので月額のランニング費用が不要

勤怠管理ソフトの多くはクラウドタイプで、初期費用は安価に抑える事ができます。
ただし、利用者数に応じて月額ランニング費用が発生します。
"FUN勤怠管理"はPCにインストールするパッケージソフトなので初期費用は発生しますが、 月額ランニング費用はかかりません。

"FUN勤怠管理"は、遠隔地の出勤状況もリアルタイムに確認可能

"FUN勤怠管理"は専用ICタイムレコーダーの"PitTouch Pro2勤怠パッケージ"と連携する勤怠管理ソフトです。
"PitTouch Pro2勤怠パッケージ"での打刻データを即時収集するので、遠隔地の出勤情報もリアルタイムに確認する事が可能です。

"FUN勤怠管理"は、多様な勤務体系の勤務シフト管理も容易

"FUN勤怠管理"の従業員マスタでは勤務シフトの規定値を設定する事が可能です。
毎月の勤務シフト設定もワンボタンで設定が可能で、マウス操作のみで簡単に編集が可能です。

"FUN勤怠管理"は、給与ソフト向けのデータ出力が可能で、給与データ入力が不要

勤怠管理・有休残管理・給与計算には様々な方法があります。

  • 時間外労働の上限規制(原則として月45時間・年360時間)
  • 有給休暇の消化義務(時季を指定して5日間以上を取得させることを企業に義務)

が制定され、2020年4月からは、労働時間に係る規定が適用される全ての企業において従業員の労働時間の状況を『適正に把握』することが必須となっています。

"FUN勤怠管理"は、お客様特有の勤怠ルールにも柔軟にカスタマイズが可能

勤怠管理・有休残管理・給与計算には様々な方法があります。

  • 時間外労働の上限規制(原則として月45時間・年360時間)
  • 有給休暇の消化義務(時季を指定して5日間以上を取得させることを企業に義務)

が制定され、2020年4月からは、労働時間に係る規定が適用される全ての企業において従業員の労働時間の状況を『適正に把握』することが必須となっています。

"FUN勤怠管理"は、承認機能や工程管理機能などの関連オプション機能が充実

勤怠管理・有休残管理・給与計算には様々な方法があります。

  • 時間外労働の上限規制(原則として月45時間・年360時間)
  • 有給休暇の消化義務(時季を指定して5日間以上を取得させることを企業に義務)

が制定され、2020年4月からは、労働時間に係る規定が適用される全ての企業において従業員の労働時間の状況を『適正に把握』することが必須となっています。

ソリューションの詳細や、実機でのデモをご希望の方は、問い合わせフォームか、近隣の営業拠点へお問い合わせください。
※ICタイムレコーダー “ピットタッチ・プロ2 勤怠パッケージ”についての詳細は“ピットタッチ・プロ2 勤怠パッケージ”の特設ページでご確認ください。