セミセルフ自動精算システムSemiself-Checkout

カード製造メーカー:ナテックのセミセルフ自動精算システム

セミセルフ自動精算システムとは

 セミセルフ自動精算システムは、従業員が商品情報をレジに登録し、顧客自身が精算機で決済するシステムです。
従業員が現金に触れる機会が少ない事から、営業後に違算金確認などの現金管理業務を簡略化できるメリットがあります。  また、従業員と顧客の接触を減らせるので、感染症対策としても有効であり、近年ではスーパーマーケットをはじめ、様々な業態での導入が増加しています。
 ナテックでは、小規模な病院・クリニック様向けに特化した精算画面を搭載した、各種電子マネーでの決済にも対応した“セミセルフ自動精算システム”の取り扱いを開始致しました。

セミセルフ自動精算システム:機能紹介動画

セミセルフ自動精算システム:5つの特徴

  1. ①自動釣銭機による処理で、人的ミスが発生しない

    …自動釣銭機で釣銭の計算が自動で行われる為、現金の渡し間違いがなくなります。

  2. キャッシュレス決裁によるスピーディな会計

    …決済端末の他にバーコードリーダーが付属しているので、QR・バーコード決済も可能です。

  3. ③人と人の接触を減らし、感染を防止

    …現金の渡しがないので、現金受け渡しを介しての感染リスクを低減できます。

  4. 締め処理時間の大幅な短縮

    …自動釣銭機で釣銭の計算が自動で行われる為、現金の渡し間違いがなくなります。

  5. ⑤レジに係る労力を削減し、業務効率化ストレス軽減

    …自動釣銭機で釣銭の計算が自動で行われる為、現金の渡し間違いがなくなります。

セミセルフ自動精算システムは、一般的な対面精算と比較しても衛生的なだけでなく業務改善にも貢献できます。

セミセルフ自動精算システム:会計時の流れ

セミセルフ自動精算システムの会計時の流れ セミセルフ自動精算システムの会計時の流れ

セミセルフ自動精算システムを活用した“スマート会計”は簡単4ステップ

  1. 手順1 画面上に表示されている“会計”ボタンを押す
  2. 手順2 医院の受付で発行した領収書(診療費請求書兼領収書)に記載されているバーコードをスキャン
  3. 手順3 請求金額が表示されるので決済方法を【現金・クレジットカード・電子マネー・QR決済】から選択
  4. 手順4 画面手順に従って支払処理を実施し、“確認”ボタンを押して会計終了

セミセルフ自動精算システムは、一般的な対面精算と比較してもスピーディな精算が可能です。

セミセルフ自動精算システム:保守サポート体制

医院向け:セミセルフ自動精算システム 医院向け:セミセルフ自動精算システム

病院・クリニック様からコールセンターに直接ご連絡して頂きます。
あとはサポートメンバーにあんしんしてお任せください。

ソリューションの詳細や、実機でのデモをご希望の方は、問い合わせフォームか、近隣の営業拠点へお問い合わせください。
※製品のリーフレットはこちらからダウンロードして頂けます。